玉電

玉電

渋谷の街を走った懐かしの路面電車

1907年(明治40年)、玉川電気鉄道が道玄坂上−三軒茶屋間、三軒茶屋−玉川間(現・二子玉川)、渋谷−道玄坂上間を開業。当時は旅客よりも、二子多摩川付近の砂利を都心に輸送を主目的とし、「砂利電」という愛称で呼ばれていたといいます。その後、渋谷− 渋谷橋間(天現寺線)、三軒茶屋〜下高井戸間、渋谷橋〜中目黒間、玉川〜溝ノ口間が開通するなど路線網を拡大させ、沿線の住民人の足として愛され続けてきました。昭和30年代以降の自動車の発達や田園都市線の建設計画も浮上し、1969年(昭和44年)5月に「玉電」は惜しまれつつ約60年の歴史に幕を閉じました。三軒茶屋−下高井戸区間は、現在、世田谷線と改称されて、今なお走り続けています。

絞り込み > 玉電,玉川電気鉄道,玉電食堂,玉電食堂ビル

PREV NEXT